本と映画の100本ノック

2016年から「年に100本映画と本に触れるぞ」とスタートした謎の1人企画。質x量を目指して。2016年は・・・

ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲

♡2016年読んだ本38冊目♡

ジャンル エッセイ
媒体 Kindle Unlimited
 
現代を代表する熟年大物カップルと言えばこの2人!ベストセラー「毎日かあさん」の著者西原理恵子さんの彼氏、これまた奇抜で有名な高須クリニック高須克弥院長の逆襲エッセイ本。これまでの西原さんが書くダーリンネタも良かったが、高須先生が書くこの本もめちゃくちゃ面白かった。
 
いつもは西原さんとの馴れ合いの話がフィーチャーされやすいが、この本で初めて高須先生の生い立ちを知った。奇抜で変わった人だなぁとはよく思ってたけど、今の高須克弥という人が形成された経緯を知れた。家は女系で、祖母、母と、いつも強くて働き者の女性に囲まれて育ったこと。死別した奥様も医者で強くたくましい人だったこと。母親、愛犬、奥様を同時に亡くした時、西原さんがどん底から助けてくれたこと。派手な高須クリニックの高須先生しかほとんど映さないメディアとは違う高須先生がたくさん語られていた。ローマは一日にして成らず、と一緒で、この人となりになるには歴史があるってことを改めて感じられた。
 
終始、こんなにも、惚れた女以外は興味なくて一途な男性っているもんかなぁと考えてしまった。私は、「男性という生き物は基本気が多くて、生物学的にそうなんだからしょうがない」と自分に言い聞かせるのだが、それでも高須先生みたいな人を見ると、ずっと永遠に自分だけを見てくれる男性はいるものだとも希望を抱きたくなる。そんな人いないと思った方がいいし、いたら物凄くラッキーと思った方がいい。
 
本当に微笑ましくて暖かくて、良いカップルだなってほのぼのした気持ちになれた。
 
ついつい周りに勧めちゃった。読んで良かった。素敵なカップルを知ることって大事だな。